人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

As You Like It

『お気に召すまま』@シアターコクーン

成宮寛貴&小栗旬のダブル主演(なのかな?)オールメンキャストシリーズの再演。
かなり期待して参りました。小栗くんも成宮くんも、蜷川さんには何回も呼ばれてる若手だし、立ち姿の美しさはピカイチですから。そして、なぜか、二人とも蜷川演出『ハムレット』のフォーティンブラスで観てるという不思議なご縁もありますので。




とても美しいお芝居でした。面白かった。良かった。
でも。
もっと、良くなるんではないかなと思います。

蜷川さんが、視覚的な要素に重きを置いていると言っても、シェイクスピアから言葉は切り離せない。そして、シェイクスピアの言葉を楽しもうと思ったら、やっぱり喜劇だと思うのです。しかし、喜劇は難しい。どんな長台詞であっても、台詞の持つリズムを崩してはなりません。聞いてる人間を不安にさせてはいけないのです。聞き手を引きつける台詞回しが、とても大切。そして、舞台の上での役者の間のテンポが命です。今回は、この一番大切なところで、ちょっと物足りなかったなと思います。
小栗くんは、とても良い役者さんだと思う。めちゃくちゃ舞台映えする。もっと、圧倒的な存在感のある役を観てみたいと思いました。ハムレットは…どうかな。あと2年後くらい?ロミオならできそうだけどなぁ。
成宮くんのロザリンド、キレイだった。でも、シェイクスピアの台詞はキビシイか?身体性がすごく高いのは、本当に素晴らしい。美しく身体を使える役者だなと思う。
吉田さんのさすがの貫禄に、月川くんの美しさ(ヅカかと思ったよ!)も素晴らしかったですが、一番は高橋くんのジェイクイズ。あのよどみない台詞回しは、まさにジャイクイズでした。鬱々とした感情の表現。ラストの一人祝祭から離れるときの演技。素晴らしかった。いつも、舞台の要の存在感ですが、今回は特に印象的だった。そして、観る度に、全く違った印象を残してくれるのがすごい。
私は“役者”という言葉が好きです。“俳優”という言葉よりも。“役者”の方が、板の上に乗る覚悟が出来てる気がする。小栗くんと成宮くんには、いい“役者”になってもらいたいと思った。まだまだ、これからでしょう。楽しみです。
by kyoko_de_la_paz | 2007-07-14 22:51 | play