光も影も


by kyoko_de_la_paz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

walk and run

今週から、走り始めました。
実は、去年も夏は走っていました。運動が大の苦手なこの私が走るっていうのは、本当に凄いことなんです!(←何の自慢?)まぁ、都立の普通科のクセに常識外れな体育の授業があった高校を生き抜いたんでね、記録とか結果は全く自信ないけど、やり遂げるってことに関してはやってやれないことはないとは思ってます。密かなちっぽけな自信ですけど。三十路も中盤を過ぎ、夏はあんまりにも動かないので、自分のために始めました。外見と体重は、ほとんど変化ないけど、やっぱり体調が良いので、今年も頑張ることにしました。
毎日走るのは、やりすぎだと整体の先生に言われたので、天気と相談しつつ、一日おきに走っています。walk 2km→run 2km→walk 2kmです。のんびりなんで、所要時間は1時間弱です。犬を眺めながら走ってます。楽しいです。さて、何日続くかな。でも、今年も願掛けもあるので、ちゃんと続くと思います。走るのに、ニンジンは必要!
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2010-06-24 22:10 | my days

東京美術散歩

d0076179_17115760.jpg

久しぶりにゆみちゃんと美術館めぐり。蒸し暑い一日だったけど、展覧会を3つハシゴして、充実の一日。近い感性で作品を見られる友は、やっぱりものすごく大切だよね。考えてることも、感じてることも、もちろん同じじゃない。でも、それを共有できる言葉と感覚がある安心感。ホントに来年は、直島行きたい。広島も!

美術館へ行こう!
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2010-06-19 23:11 | art

神保町散策

山部を結成した妹は、最近神保町に詳しい。家でじっとしていられない体質の妹ちゃんに付き合って、今日は神保町散策。(こんなに暑いのに!)
GAIAで、スパイスやらお茶を買ったりしてから、山グッズ探しへ。先週も来たけど、せっかちな江戸っ子の父と一緒だったので、怒濤の買い物で、何がどこにあるのかわかんなかった。今日は、ゆっくり散策できて面白かったな。色々かわいいし。興味深い。私も、色々買わされているのは気のせいかしら…。
帰り道に、いもやさんで550円の絶品天丼を食べる。ものすごく美味しかった。無駄のない動きから作られる天丼は絶品でした。さっぱりと清潔な店内も、白木のカウンターも、ガスで炊かれるごはんも、懐かしさを感じるお店でした。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2010-06-17 20:20 | my days

夏のはじまり

d0076179_23501025.jpg

奈良美智展 ceramic works
小山登美夫ギャラリー

奈良さんが初めて取り組んだ陶器の作品と、じっくり向き合ってみたくて、一人で清澄まで。
ママの実家の近くにある倉庫の中は、弘前の煉瓦倉庫を思い出させてくれた。大きな作品達は、FRPとは全く違う質感で、生々しくて、温かかった。白い女の子に心を持っていかれた。森子のうつむき顔も忘れ難い。あの存在感は、なんだろう。重くて、大きくて、それなのに儚い。陶器にしかない質感と奈良さんの世界は、こんなにも合うんだなと、作品を見て初めて気付いた。
私が、奈良さんの作品に惹かれる理由。それは、皮膚から感情、そして思考に繋がるもので、人に伝える言葉に置き換えるは出来ない。でも、いつも、作品と向き合うと、落ち着く。自分自身と向き合っているようなものなのだ。長い夏の初めに、作品を見ることが出来て良かった。さぁ、私も、チャレンジを続けよう。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2010-06-11 23:50 | art

音楽という幸せを

小沢健二
ひふみよ 二零一零年 
NHKホール

あと一本ツアーが残っている状態な上に、私の言葉でこのコンサートを語り尽くせる自信なんて、欠片もない。でも、これだけは、確信を持って言えます。小沢健二は“オザケン”だった。どこまでも。
東京タワー
公園通り
表参道
東京を歌わせたら、この人以上の人っていない。少なくとも私にとっては。
それが、New York も、New Mexicoも、Indiaも、Philippineも、フラットになってきて、更に考え過ぎて自分の中で渦巻いていた思いを、伝えるための言葉を使えるようになっていた。もう、無敵。やっぱり、うちの妹ちゃんの王子だった。本当に楽しくて、あまりにも幸せで、音楽の楽しみ方は、こうだったよなということが、ジワジワ沸き上がってくる感覚に満たされた。「大衆音楽を奏でられることを幸せに思います」と言ったオザケンの言葉で、この人が私のポップミュージックの仕上げのスイッチを入れた人なんだなと、初めて気付きました。CDの売れない時代になったからこそ、自由に音を楽しめるのかもしれない。本当に本当に幸せな夜でした。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2010-06-09 23:00 | music

ランプの光

d0076179_2241581.jpg

姉妹揃って夏休みに突入。今日は図書館まで、お散歩。
自転車で前を通って、気になっていたアンティークのお店で、ランプを衝動買い。いや、衝動買いじゃないな。出会っちゃったんだもんね。父と妹のアンティーク好きの影響を確実に受けつつある今日この頃です。

夏休み、予定は色々目白押しです。
今年は、夏を一緒に過ごしてくれる妹ちゃんがいるので、ちょっと(かなり?)贅沢な旅をする予定。
明日は、そのためのお買い物をしてから、オザケンです!あぁ、何も言うまい。言えない。もう、行く前から、涙が出そう。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2010-06-08 22:41 | my days