光も影も


by kyoko_de_la_paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

THE MERCHANT OF VENICE

私にとって、初めて読んだシェイクスピアは『ベニスの商人』。小学校6年生の学芸会での出来事でした。今考えると、かなり渋いなーと思う。もちろん、小学生用に書き換えられた戯曲だったけれど、芝居を創るのも面白かったし、物語も面白いって思った記憶が鮮明に残っていたりする。ちなみに、私のやった役は、ナレーター。物語の最初に出て来て、客席に語りかける役でした。ちゃんとオーディションを勝ち抜いて、もらった役です。でも、本物の戯曲には、登場しません。残念ながら(笑)

肉1ポンド!
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2007-08-26 20:30 | play

変わるということ。

代々木上原のharittsからのスタートです。本日の相棒うさが、行ってみたいとおっしゃっていたので、ご一緒する。時々、どうしても食べたくなって一人でもふらりと来ていたのだけど、目の前で、美味しさに感動して頂くのは、やっぱり嬉しいものですね。Lammfrommにも寄って、お買い物をしてから六本木へ。
初めて来たTokyo Midtownは、とても面白い“街”でした。想像以上に、広くて、何より歩きやすかった。ヒルズの迷路みたいな感じとは違ってて、楽しく散策。全部は見られなかったので、また行きたいと思います。たくさんのポスターを観ながら、頑張ってる友のことを思いました。本当は、ちょっと顔を見たかったんだけど、仕事中だろうなと思いガマン。
Mid Townから歩いて、俳優座劇場へ。

人はその場にいない人の話をする
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2007-08-25 23:15 | play

ありえない…

職場で、大事件発生。
どうしたって、わかりあえない人は、この世界には存在するのですね。私には、到底理解できない行動を取る人がいるのですね。いや、知ってたけど。でも、こんなことって、ありえない。普通の社会人…じゃなかったんだろうな。そう思うしかないんだろう。
神様が救いの手を差し伸べて下さると信じてます。お祈りするしかない。そんな心境です。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2007-08-20 22:21 | my days

遠征?

問題  私はどこにいるのでしょう?
A:鹿児島県 B:埼玉県 C:静岡県
d0076179_21511324.jpg


答えは…
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2007-08-19 18:02 | my days

夏休み的な一日。

d0076179_14414010.jpg

仕事が始まる前に、夏休みを満喫。ビールトリオ(勝手に命名)で、昼から恵比寿ビールの旅へ。
昼から飲むって、最高に休日な気分です。

まずは、恵比寿の俺のハンバーグ山本にて、ランチ。ハンバーグがホワホワで、美味しかった!ご飯とみそ汁とサラダも付いてくるなんて、素敵。お店の雰囲気も、あったかくて良かったな。行列できてて、忙しいはずなのに、殺伐としてない。楽しくハンバーグ作りまくってます!って空気だったし、お店の人の適度なテキパキ具合(ちょっとユルめ)も心地良かった。
その後は、いつもの麦酒記念館で、アンジェラ・アキの歌声をBGMに(NHKの中継やってたので)、大笑いしながら喋り倒す。ガーデンプレイスで、お買い物などもしつつ、駅前の焼き鳥屋さんで、また飲む。まだ飲む。夕方6時で、三軒目ってどうなの私達?(笑)
話してた内容は、人に聞かれたら、ヤベーなって感じのバカな話。でもね。すっごい楽しかった。ストレス吹っ飛びました。ありがとね。また、近々参りましょうね。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2007-08-14 14:41 | my days

実習(その2)

介護実習の後半戦に行って来た。デイサービスでのお年寄りの方達との日々は、想像以上に過酷で、でも、楽しかった。五日間、8時から17時までの実習で、休憩は15分って聞いたときには、倒れるかと思ったけれど、なんとか倒れずにできました。意外とね、気力と体力はあるんです。

本当に色んなことを考えた五日間でした。
老いるということ、人と関わるということ、言葉を交わすということ、そして、戦争のこと。全てが「生きる」ことにつながっている。私は、どんな風に生きて行きたいんだろう。そして、どうやって老いていくんだろう。亡くなった祖父母や叔父叔母のこと、それに私の中に、かすかに残る医療に関わりたかったという昔の夢が、少し甦ってくるような日々でした。今は、元気にアラスカに釣りに行っちゃってる父とテニス三昧の日々を送る母がどうなっていくのかも、初めて真剣に考えた。高齢化も、少子化も、現実として迫ってくるし…大丈夫か?日本!?みたいな。
でも、シンプルに一番思ったのは、昔の人はスゲーってことです。漢字なんて、全く太刀打ちできないし…。「生きる」力が、遥かに強いもん。日本の教育は、どこから間違っちゃったんですかね?
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2007-08-11 16:07 | W days