光も影も


by kyoko_de_la_paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Mood Stock

d0076179_2285857.jpg

妹がスタッフをやっている(完全に趣味です)イベントMoodstockのお手伝いに行く。いろんな場所でやってるんだけど、今回はGARBpintino(東京タワー正面にあるイタリアン)でのイベント。お手伝いと言っても、なるべく迷惑にならないように、小さくなってただけだけど、久しぶりに「時間を創る」という場所にいられて楽しかった。開場してからは、物販に座ってお酒飲んで(笑)、久しぶりに音楽の心地よさを堪能してきました。

出演者は
chanchiki tornade orchestra
La Turbo
sembello
chanchikiがすっごい良くて、ワクワクしながら聴く。受付やりながら道路で踊ってしまったくらいに楽しい。言葉にするなら、「派手でポップなチンドン屋さん」でした。
La Turboは、遠くから観ていたのですが、ウッドベースがかっこ良くて、低めの女性ボーカルも合わせて、渋かった。
そしてそして、sembello。キーボードとサックスだけで、なんであんなに鮮やかな音がでるんだろう。沖さんの手元を2mの距離で観れちゃったのには、もう大感動。本当に素敵だった!
また、遊びに行きたいなーと思ってます。お手伝い呼んでくれるかなぁ。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2006-09-24 23:53 | music

誕生日会

d0076179_21432375.jpg
大学のみんなが、私の誕生日会を開いてくれた。ゴハンを食べたお店で、ケーキ登場!(しかし、この後にデザートもまた食べた…)
さらに、一人一人がプレゼントを用意してくれていて、包み紙を一つ一つ開けるなんて、なんだか小学生時代に戻ったみたいで、嬉しかった。そのプレゼントの一つ一つが、みんな私のこと良くわかってくれてるんだなーとわかって、幸せでした。ひとまわりも違うのに、いつも一緒に遊んでくれて、感謝しています。最近やっと早稲田に対する愛情が育ってきたのは、みんなのおかげ。
私は、みんなになにを返せるだろう。私の知ってる楽しいことに、みんなを引きずり込むことくらいかな。まずは、成人式が終わったら、オトナなランチに行く約束。思い出に残るような、計画を立てますよ。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2006-09-19 21:43 | W days

ピンチはチャンス?

誕生日に日記を書けず、久々にゴスペのワンマン観たのに日記をかけず。
…うーん、反省。

久しぶりに仕事で、大きな壁にぶつかっています。
小さい壁は、日々あって、躓いて転んだりは、毎日のことなんだけど、今回はかなり厳しい。もしかして、仕事始めて最大の壁かもしれないなぁ…。ひとりで孤独に戦ってるわけでは全くないし、仕事辞めたいとかは思ってないけど(ちょっと逃げたいとは思ってる・笑)、ものすごく辛くて、悲しい。上手く言えないんだけど、とにかく混乱しているのです。みんなが「自分を責めるな」と言ってくれる。その言葉は嬉しくて、思わず泣いちゃったりした。きっとそうなんだとも思う。だけど、やっぱり、私が「できること」、「できたこと」、「するべきこと」があるだろうと思ってしまう。
なんだか、魂の半分が天国に行ってしまったから、打たれ弱くなってしまった。残り半分の私が頑張って再生してきてるんだけどね…。でも、ここでどう乗り越えられるかで、仕事に対する本当の覚悟が決まる気がする。頑張ります!
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2006-09-17 16:39 | my days

やっぱり

次は、金沢だった。
3月までに、金沢21世紀美術館に行く!宣言すれば、きっと行くので、自分を追い込んでみる。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2006-09-11 20:45 | art

Doughnut

d0076179_21365126.jpg

ばななさんが、日記で書いていた上原のharritsに行く。
先週、日記を読みながら「絶対に食べる!」と心に誓い(ドーナッツ大好きなので)、速攻調べる。すぐ見つかるなんて素晴らしい。VIVA!インターネット!本を開いて調べたり、自分の足で調べる方が好きだけど、この便利さはやっぱり手放せない。

路地裏の小さな民家を改造したドーナッツ屋さんは、ものすごく芯の通った、そして心の通ったお店だった。お店をやっている姉妹のお二人の心意気が、隅々にまで届いていた。そして、何よりも、ドーナッツの美味しいことったら!私は、固めのサックリしたものが好きだけど、それは柔らかいものだと甘さがしつこいものが多いから。でも、harritsさんは、違った。
山ぶどうのドーナッツを頂く。生地のふんわり具合、素材の味がちゃんとわかる味、優しい甘みで、一口目で作った人の気持ちが伝わって来た。ヤミツキになること間違いなし。コーヒーも美味しくて、幸せでした。
私の理想のカフェの姿がありました。こんなお店を私もやりたいと言ったら、なっちゃん曰く
『きょうちゃん家でできるじゃん』
…うん。でもさ、何を出すかが問題ですよ。それに心意気も足りない。だけど、伊豆でこんなお店できたら幸せだよね。
[PR]
by kyoko_de_la_paz | 2006-09-10 14:36 | my days