光も影も


by kyoko_de_la_paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いつもそこに

奥田民生
いきあたり股旅
目黒パーシモンホール

久々の股旅。"ひとり"じゃないのは、浜崎くん、和義さん、ヤックと共にだったからのようです。
それぞれとセッションする民生くん、めっちゃ楽しそうでした。
ふらっと出てきて、焼酎水割り飲んで、だんだん酔っ払いならがらも、絶対的に奥田民生。やっぱり、すごい人だなぁと思う。
大好きなThe STANDARDを聴けて嬉しかった。私の中では、最高のラブソング。
そして、ヤックと歌ったルーシーはムーンフェイス…私の、私達の青春が詰まった曲。やっぱり、いい曲!

言葉で語らない男、奥田民生。
広島でフリーライブをやり、東京のセレブの皆さんには、義援金樽の中に音を立てない金額の寄付を要求し、本日のチケット代は全部樽にぶっこみますよ、と。
ミュージシャンとして、広島人としての芯の通った行動。自然体と評される人ですが、民生くんほどの意志と行動力を持つミュージシャンを私は知らない。
いつも、私の人生と共に民生くんの音楽はいてくれる。だから、民生くんが必要な時には、一緒にいたい。そう思える関係を幸せだと思った柿の木坂の夜。
[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-09-24 23:40 | UNICORN

今年も

d0076179_2074529.jpg

元気に誕生日を迎えることが出来ました。
写真は、自分への記念品。去年から、誕生日には自分でピアスを買うことにしました。年齢相応の良いものをひとつ。

年齢の節目を過ぎて思うことは、家族に周りの友人達に感謝をして生きて行こうということです。

そして、希望を持って笑顔で毎日を過ごすこと。
「曲がり角を曲がった先に何があるかはわからないの。でも、それはきっと一番良いものに違いないと思うの」
朝ドラを見ていて、この言葉を聞いて、一気に色んな景色が頭の中に甦ってきました。小学生の私が大好きだったアンの言葉。例え、どんなに涙を流しても、希望を失わずにいよう。だって、曲がり角は曲がってみなきゃわからない。わからないことは、希望なのだと信じようと思います。

私の人生の節目には、いつもアンがいるなぁ。大学に入れたのも、今の仕事をしてるのも、勉強や本を読むことが大好きなのも、みんなアンに繋がる気がする。今年はアンを久しぶりに全巻読み返してみようとおもいます。ありがとう、朝ドラ!
[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-09-14 17:31

きっと大丈夫

今朝、エイターの間を駆け抜けた激震。
仕事に若干の支障を来たしたことを告白します。プロ失格。反省。

一日、色々と考えて、そしてエイトからのメールを読んで考えました。
結論。
「信じて着いて行こう」
この気持ちに、一点の曇りなし。
色んな、逃れられないオトナのしがらみと向き合う覚悟の7人を信じて着いて行きます。
そして、味スタの挨拶を思い返すとパズルがハマった気がします。

7人が音楽を愛していることを知っている。
7人がエイターを愛してくれてることを知っている。
7人が戦う強さを持っていることを知っている。

だから、エイトもエイターも大丈夫。
テイチクさんへの感謝を忘れずに、これからのエイトをみんなで作っていけたらいい。
『「自分たち」で「ファンの皆さん」と共に』という言葉を信じて、厳しく行くよ!
これからは、色んなこと、届くと信じて7人に直接ぶつけさせてもらうぜ!


[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-08-26 20:02 | EIGHT

10才おめでとう。

関ジャニ∞ 十祭
味の素スタジアム

忘れられない景色が、また一つ増えました。
開演と同時に降り出した雨は豪雨になり、豪雨の中ステージから噴射された水にも直撃されて(水がスローモーションで落ちて来るのが見えた…)、雨具の下は汗だくで、でも7人が楽しそう過ぎたから、色んなことがどうでも良くなって楽しくなった。途中で雨が上がった夕焼け空は黄金色。曲に合わせて上がった花火は、本当に美しかった。そして、空に舞い上がったすばるの「ありがとう」。今日見上げた空は、一生忘れない。
ファンのことを楽しませることを考え抜いた構成に、笑って笑って、踊って踊った夜。最高に楽しませてもらいました。本当にありがとう!おめでとう!
エイトからの「ありがとう」は、いつも心に真っすぐ届きます。でも、ヨコに泣かれると困る。どうしていいかわかんないんだ。ホントに…。もらい泣きしちゃうから!

ライブ後は、飲み屋で大人エイターの和が広がって、めっちゃ楽しかった!ミラクルな出会いに感謝です。音楽って、繋がってるんだなーと幸せな思いに包まれた夜でした。


おばちゃんは、∞祭が去年のことのように思えます。
[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-08-10 23:08 | EIGHT

共感と信頼を

NANO-MUGEN FES. 2014
YOKOHAMA ARENA

2003年から続くアジカン主催のフェス。室内で、日本と海外のバンドを両方楽しむというコンセプト。タイムテーブルや導線も、とてもよく考えられていて、ゴッチも、その姿を見ていた細美くんも言っていたけど、試行錯誤を経て、常にベストな状態を目指して進歩し続けて来たフェスなんだと思いました。非常に快適な、幸せな空間でした。続けて行くことの意味を初参加の私も感じることができました。

久しぶりに色々なバンドの音にどっぷり浸かり、私の背骨はやっぱりロックなんだなぁと実感した一日。
最大の目的は、UNICORNのおじさまとHIATUSだったわけですが、音楽そのものを心の底から楽しめました。そして、私の信じて来たものは、間違いなかったと再確認をすることができた気がします。その心に、思いに、考えに共感できるからこそ、音楽にも共感し信頼できるのだと思いました。
ステージの上にいる同世代、上の世代のミュージシャンが、あんなに頑張っているんですよ。若手、もっと頑張ろうぜ!
音楽を聴きながら、お酒を飲みながら、熱く盛り上がった親友と私。私たちに出来ることを、やってこう。やらなければ!

[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-07-13 22:02 | live

Taipei July 7-11

今年の夏は、親友と台湾へと行ってきました。私にとって、子供の頃から身近な国。でも、行ったことがなかった国。
行ってみて、大好きになりました。台湾の人達が日本人に対して持ってくれる距離感は、近すぎず遠すぎず。誠実で、温かな国民性は、きっとどんな国の旅行者にも心地よい国だと思います。でも日本人が旅しやすいと言うのは日本語を話せる人も多いし、日本語じゃなければ漢字と英語で大概のことはなんとかなるのは、旅のストレスがない。そして、食べ物が本当に本当に美味しい!何食べても美味しくて、安い!今回は4泊5日とゆったり台北を楽しんだので、次回は南の方へも行ってみたいなと思います。


[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-07-12 13:06 | viaje

Taipei July 11

最終日は、ホテル周辺でお買い物と、もう一回食べたいものを食べるの巻。これは、ゆったり旅の醍醐味ですね!今回は、本当にホテルが快適だったし、時間に余裕があったので、暑さにもなんとか負けずに、楽しい時間を過ごすことができました。

そして、実は親友とは始めての海外旅行。いつも通り甘えっぱなしの私に愛想を付かさずにいてくれるのは、家族以外に親友以外におりません。本当に感謝。一緒に台湾に行くことができて、とってもとっても嬉しかったです。また行こうね!

最後に私的ベストショット!
台湾ではあまりの暑さに大型犬も丸刈リータでした!かわいい!
d0076179_13250818.jpg

[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-07-11 22:05 | viaje

Taipei July 10

MOCA(台北現代美術館)へ。アメリカの作家Gary Basemanの「The Door is Always Open」が開催中でした。
d0076179_13233790.jpg
作家本人の人生とアイデンティティを巡る展示。偶然の出会いだったけれど、とても印象的な展示でした。アーティスト(美術家)の表現の根っこは、自分の人生を表現することなんではないかと思う。その一つの方法を見られて、幸せでした。

台北博物館にも行って、その帰りに行った餛飩大王で再び、でもタイプの違う絶品餛飩を食す。私、台湾は小籠包より餛飩と思います!
d0076179_13241394.jpg

夕方は、HISのオプショナルツアーで仇分へ。『千と千尋の神隠し』のモデルとなった場所。交通手段があまりなかったので、ツアーにしました。久しぶりの観光ツアーの雰囲気
を味わいつつも、途中でさっさっと抜けだして、お茶を満喫。夕暮れ時からの仇分の景色は、絶景でした。
d0076179_13244782.jpg

[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-07-10 23:20 | viaje

Taipei July 9

暑さの戻った三日目は、台北國際藝術村へ。アーティストが生活しながら、作品を発表する場所とのことだったのですが、私の下調べ不足、英語の案内もなし、見学可能なギャラシーも少なく、そして何よりもあまりの暑さにバテ気味に…。街並は面白くて、宝探しのようにギャラリーや作品を探して行くのですが、もうちょっと案内が分かりやすいと良かったなー。
芸術村のある公館の駅は、台湾大学の街だったので学生街も散策してから、東門で永康牛肉麺を食べる。美味しかった!見た目は、味が濃そうですが、全然余計な味がしない。スープも素材の味。これはおすすめ!この麺のおかげで、元気が復活。
お買い物しつつ、夕日を目指して電車で淡水へ。
d0076179_13224886.jpg

淡水は、日本で言ったら、鎌倉みたいな感じなのかな?都心から日帰りできるリゾートのような場所。地元の観光客がたくさんいて、行きも帰りも電車の中で人間観察するのが、楽しすぎました。言葉は全然わからないけど、わからないからこそ面白い。
海辺の街なので、海鮮料理のお店もたくさんあったのですが、インパクトがあったのはこれ!揚げられて並べられてるのは全部イカ!
d0076179_13231389.jpg
海辺の夕日は、本当に奇麗でした。
d0076179_13230853.jpg


[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-07-09 23:08 | viaje

Taipei July 8

二日目は、雨。ということで、故宮博物院へ。
見る物全てが、とにかく美しくて細かい。博物館の規模にも圧倒されましたが、一つ一つの作品の細かさたるや…圧巻でした。同じアジアという地域にある中国の歴史と文化の違いに圧倒されてしまいました。アジアの文化と歴史、しっかり勉強してないことを後悔しつつも、日本の歴史と文化の知識で本能的に理解できる部分があるのも不思議。

故宮博物院から、一気に現代美術への旅です。台北は、モダンアートも面白いという印象があったのです。奈良さんも実花さんも個展をしてるのが、印象に残っていて、日本のアートや西欧のアートをどんな風に受け止めてるのか興味がありました。
代表的なスポット、華山911文化創意産業園区松山文創園区。両方とも、古い建物を面白く有効に使う空間作りが印象的でした。ギャラリーだったり、ショップだったり、イベント会場だったり。日本も、古い建物をこういう使い方したらいいのにな〜。
d0076179_13215139.jpg
d0076179_13220520.jpg
松山文創園区には、台湾デザインミュージアムもあって面白かった。そして、後ろには台北ドーム(仮)を建築中。ここで、エイトか嵐やる日が来たら絶対来るな、私!
台湾は、お茶のイメージが強くて、実際にお茶屋さんが街中にたくさんあるのですが、色んなタイプのコーヒー屋さんがたくさんありました。松山文創区にあった、CAFE SOLOは美味しい手入れのコーヒーとかわいらしいお店のスタッフさん達の素敵なお店。
d0076179_13220910.jpg
そして、夜は、台湾と言えば!の小籠包を京鼎楼へ。美味しいは、安いはの至福の一時。
d0076179_13221868.jpg

[PR]
# by kyoko_de_la_paz | 2014-07-08 22:28 | viaje